Go for it!

バカ共にクソ記事を。

悪の法則

 ネタバレ有

 

3回見た俺が感想を書く。

この映画は無駄がない映画だった。どの場面どのセリフでもその後のストーリーに全て絡んでくる。そして一番のワルは冒頭のシーン(約10分)をみてもわかる。

 

物語はcounselorが悪の道に入った顛末を描いているだけなのだが、その中でなぜcounselorが陥れられるのか、なぜ計画は失敗したのか等は映画を2、3回みないとわからない。

 

キャメロンディアスはこの映画でいろんな顔や雰囲気を見せる。チーターを真似た

体のタトゥー(入れ墨)や金歯等は単なるバカDQNのタトゥー(入れ墨)とは一線を画し魅力的だった。

また、車とファックするシーンのあの足の長さには度胆を抜かれた。

車とやったら、ピカピカな車窓にも目に見えない様々な物質がついているからキャメロンのあれは3日ぐらいただれると思うぞ。

 

そして、映画の最後で、キャメロンが何故か猛烈に老けて見えたことが印象的だった。若い女との軽い会話シーン等によりその老けたキャメロンを意識的に撮っているのだが、なぜキャメロンをあそこまで老けさせて終わらしたのか・・・。恋人を裏切り、殺し、金を横取りすることはそこまで罪深いことということなのだろうか。